第一章 自ら命を絶つ権利

いくら人生を充実した楽しいものにしても、最後にやってくる死の問題を自分の手で解決できない限り、人生は空虚なものになってしまいます。
“死んでやる!”
艱難辛苦に苛まれた人間が窮して最後に吐く言葉です。
乳飲み子が誰に教えられるわけでもないのに、母親の乳首をしゃぶるように、“自分もいつか必ず死ぬ”という死の概念を知った人間は誰でも、生きるのに窮すると死ぬことを考える。
これは最早本能だと認めざるを得ません。
生きることの苦痛が極致に達すると本能的に死を志向する。
死が最期の切り札(スペードのエース)だからです。
では、スペードのエースを所有しているのは誰でしょうか。
スペードのエースを所有しているのは他ならぬ自分である筈なのに、所有することを許されていないのが、この世という人間社会です。
自分の命を自分で絶つ権利を許さないのが、死の概念を知った、わたしたち人間社会です。
死を論ずることはタブーだ。
死は恐ろしいものだ。
自殺したら地獄に落ちる。
一体誰が、こんなデタラメなことを、わたしたち人間社会に押し付けたのでしょうか。
人生というゲームをしている当人がスペードのエースを持つことが許されないのでは、これは最早ゲームではありません。
スペードのエースという最期の切り札(カード)を切る者が、人生というゲームをしている当事者です。
死を論ずることはタブーだ。
死は恐ろしいものだ。
自殺したら地獄に落ちる。
こんなデタラメなことを信じ込んで、自分の人生というゲームの結論に際して、スペードのエースを切ることが出来ない。
だから、わたしたちは悩みや苦、そして、死の恐怖に苛まれる人生を送る羽目に陥っているのです。
自ら命を絶つという権利を我が手に取り返すことです。