こころの琴線(死への誘い)

はじめに

平成元年5月10日。
わたしの母が死んだ日です。
享年80歳でした。
わたしは母が40歳の時の子でしたから、ちょうどわたしを生んだ歳が、母の人生の折り返し点であったわけです。
長い間パーキンソン氏病を患っていて、薬の副作用で鬱症状の時が多かった生前の母が、わたしの顔を見ては、“死ぬのが怖い!”とよく言っておりました。
そんな時、わたしは、“死は怖いものではないよ!寿命を全うしたから死ねるんだよ!だから死はお祝いごとなんだよ!”と言うのでした。
神父の兄が母を看病していたのですが、彼はそんなわたしの言葉に激しく怒り、“験のわるいことを言うな!”と罵るのです。
わたしは、そんな兄の姿をまじまじと見て、“宗教は一体何を教えているんだ!”と呆れるばかりでした。
わたしにとって、死は決して悪いものではなかったからです。
このふたつの出来事がきっかけで、わたしは血の繋がりと、こころの繋がりとはまったく別ものだと確信を持つに至ったのです。
わたしは、大学でコンピュータ関連の学科を専攻していたこともあって、いろいろなシステムを開発したことがあります。
そんなことから、あるソフトがこころの中を大きく占領することになったのです。
そのソフトの名前は、“デス・プログラム”
まさしく、“死へ誘う”というプログラムだったのです。
あれから18年が経ちました。
コンピュータソフトの開発に従事する仕事ではなく、文章を書く仕事に就いているわたしが、『今、ここ』にいて、そしていよいよ“デス・プログラム”の開発に着手する時がやって来たのです。
ソフトの名前は“デス・プログラム”ですが、本の名前は“こころの琴線(死への誘い)”と迷いもなく決まりました。
文字の羅列のソフトと、文章の羅列の本の違いはあっても、内容は同じである筈です。
それは何十年も胸に暖めてきた、わたしの「想い」だからです。

平成18年4月23日     新 田   論




第一部 死の本質   第二部 死の応用   第三部 死の結論
第一部 死の本質

 
第一章 よく生きること、よく死ぬこと 第四十三章 細分化(複雑化)
第二章 真の友達 第四十四章 対話と感応
第三章 死という約束事 第四十五章 絶対的「死」と相対的「死」
第四章 病気=生の活性化 第四十六章 苦の正体
第五章 真の親 第四十七章 二重の錯覚
第六章 臆病な男性(オス)社会 第四十八章 知ること・理解すること
第七章 無駄な死・無駄でない死 第四十九章 二元論の正体
第八章 破られるための法律 第五十章 知的動物・人間の宿命
第九章 殺し・殺される自然社会 第五十一章 考え方を変える
第十章 生命力の正体 第五十二章 二元論の限界
第十一章 死の正体 第五十三章 この世とあの世
第十二章 実体のない死 第五十四章 色即是空・空即是色
第十三章 夢の途中 第五十五章 新しい歴史の第一歩
第十四章 知性は両刃の剣 第五十六章 錯覚からの気づき
第十五章 大いなる福音 第五十七章 自分で決める生き方・死に方
第十六章 生きている者・死んだ者 第五十八章 はじめに死に方ありき
第十七章 貧・富問題は絵に描いた餅 第五十九章 死期の知り方
第十八章 健康・病気問題は絵に描いた餅 第六十章 寿命
第十九章 幸・不幸問題は絵に描いた餅 第六十一章 天の命令とは
第二十章 善・悪問題は絵に描いた餅 第六十二章 使命
第二十一章 賢・愚問題は絵に描いた餅 第六十三章 四季
第二十二章 支配・被支配問題は絵に描いた餅 第六十四章 固有の四季
第二十三章 強・弱問題は絵に描いた餅 第六十五章 固有の公転と自転
第二十四章 男・女問題は絵に描いた餅 第六十六章 睡眠は日々の約束事か
第二十五章 錯覚の人生 第六十七章 義務と非義務
第二十六章 自殺 第六十八章 必要善と必要悪
第二十七章 死期 第六十九章 地球との約束事
第二十八章 道理に合わない死に方 第七十章 「全体と部分の相対性の法則」の自己完結
第二十九章 独りの人生 第七十一章 五感
第三十章 謙虚な生き方 第七十二章 必要善の死・必要悪の死
第三十一章 地球の心の琴線 第七十三章 偽の死
第三十二章 本質の問題 第七十四章 真の死=真理の死
第三十三章 心(「想い」)と意識 第七十五章 死は随所にある
第三十四章 (誕生・生・死)エネルギー 第七十六章 死の体感
第三十五章 有機物(生命体)の死 第七十七章 この世的成功者の死
第三十六章 死の概念・死の観念 第七十八章 清貧に生きる者の死
第三十七章 天国の死・地獄の死 第七十九章 この世的成功=この世的失敗
第三十八章 間違った考え方 第八十章 真の成功=永遠の清貧
第三十九章 潜在能力と知力 第八十一章 人類が今為すべきこと
第四十章 生の継続性 第八十二章 清貧の自然社会
第四十一章 生きる姿勢 第八十三章 貪欲の人間社会
第四十二章 知識と知恵 第八十四章 バランスの取れていない近代社会


第二部 死の応用

 
第一章 二十一世紀のイデオロギー 第四十四章 新しいイデオロギーの構築(5)
第二章 真の民主主義 第四十五章 新しいイデオロギーの構築(6)
第三章 真の民主主義の根本的考え方 第四十六章 新しいイデオロギーの構築(7)
第四章 不安・恐怖の正体 第四十七章 これからやってくる社会(1)
第五章 真の自由 第四十八章 これからやってくる社会(2)
第六章 高度自由 第四十九章 これからやってくる社会(3)
第七章 訳のわからない自由民主主義 第五十章 これからやってくる社会(4)
第八章 高度自由=高度民主 第五十一章 これからやってくる社会(5)
第九章 二十一世紀の価値観 第五十二章 これからやってくる社会(6)
第十章 二十一世紀の国家 第五十三章 これからやってくる社会(7)
第十一章 前世紀までのイデオロギー(1) 第五十四章 これからやってくる社会(8)
第十二章 前世紀までのイデオロギー(2) 第五十五章 束縛されない暮らし(1)
第十三章 前世紀までのイデオロギー(3) 第五十六章 束縛されない暮らし(2)
第十四章 前世紀までのイデオロギー(4) 第五十七章 束縛されない暮らし(3)
第十五章 前世紀までのイデオロギー(5) 第五十八章 束縛されない暮らし(4)
第十六章 前世紀までのイデオロギー(6) 第五十九章 束縛されない暮らし(5)
第十七章 資本主義・社会主義の創生と発展(1) 第六十章 束縛されない暮らし(6)
第十八章 資本主義・社会主義の創生と発展(2) 第六十一章 束縛されない暮らし(7)
第十九章 資本主義・社会主義の創生と発展(3) 第六十二章 束縛されない暮らし(8)
第二十章 資本主義・社会主義の創生と発展(4) 第六十三章 高度自由社会(1)
第二十一章 資本主義・社会主義の相克と盛衰(1) 第六十四章 高度自由社会(2)
第二十二章 資本主義・社会主義の相克と盛衰(2) 第六十五章 高度自由社会(3)
第二十三章 資本主義・社会主義の相克と盛衰(3) 第六十六章 高度自由社会(4)
第二十四章 資本主義・社会主義の相克と盛衰(4) 第六十七章 高度自由社会(5)
第二十五章 資本主義・社会主義の相克と盛衰(5) 第六十八章 高度自由社会(6)
第二十六章 資本主義・社会主義の相克と盛衰(6) 第六十九章 開放型自由社会主義―政治モデル(1)
第二十七章 哲学より生まれた資本主義・社会主義(1) 第七十章 開放型自由社会主義―政治モデル(2)
第二十八章 哲学より生まれた資本主義・社会主義(2) 第七十一章 開放型自由社会主義―政治モデル(3)
第二十九章 哲学より生まれた資本主義・社会主義(3) 第七十二章 開放型自由社会主義―政治モデル(4)
第三十章 哲学より生まれた資本主義・社会主義(4) 第七十三章 開放型自由社会主義―政治モデル(5)
第三十一章 哲学より生まれた資本主義・社会主義(5) 第七十四章 開放型自由社会主義―政治モデル(6)
第三十二章 悲劇と発展の二十世紀(1) 第七十五章 開放型自由社会主義―経済モデル(1)
第三十三章 悲劇と発展の二十世紀(2) 第七十六章 開放型自由社会主義―経済モデル(2)
第三十四章 悲劇と発展の二十世紀(3) 第七十七章 開放型自由社会主義―経済モデル(3)
第三十五章 悲劇と発展の二十世紀(4) 第七十八章 開放型自由社会主義―経済モデル(4)
第三十六章 悲劇と発展の二十世紀(5) 第七十九章 開放型自由社会主義―経済モデル(5)
第三十七章 悲劇と発展の二十世紀(6) 第八十章 開放型自由社会主義―経済モデル(6)
第三十八章 悲劇と発展の二十世紀(7) 第八十一章 開放型自由社会主義―社会モデル(1)
第三十九章 悲劇と発展の二十世紀(8) 第八十二章 開放型自由社会主義―社会モデル(2)
第四十章 新しいイデオロギーの構築(1) 第八十三章 開放型自由社会主義―社会モデル(3)
第四十一章 新しいイデオロギーの構築(2) 第八十四章 開放型自由社会主義―社会モデル(4)
第四十二章 新しいイデオロギーの構築(3) 第八十五章 開放型自由社会主義―社会モデル(5)
第四十三章 新しいイデオロギーの構築(4)


第三部 死の結論

 
第一章 自ら命を絶つ権利 第四十章 概念 vs. 観念
第二章 すべて間違っている人間 第四十一章 「二十一世紀のイデオロギー」の意義
第三章 すべて自分独りで決める人生 第四十二章 四苦八苦の根源
第四章 二種類の時間を持つ生き物・人間 第四十三章 究極の「考え方」(1)
第五章 安心立命の境地=死 第四十四章 究極の「考え方」(2)
第六章 差別・不条理・戦争の遠因 第四十五章 究極の「考え方」(3)
第七章 死の形態 第四十六章 コペルニクス的どんでん返し
第八章 人間の使命 第四十七章 常識とは錯覚
第九章 成熟した自我意識(エゴ) 第四十八章 生・死の概念
第十章 突然の死 vs. 納得の死 第四十九章 オス・メスの概念
第十一章 好い死=納得(満足)できる死 第五十章 善・悪の概念
第十二章 『今』と『ここ』 第五十一章 強・弱の概念
第十三章 『今、ここ』と『今ここ』 第五十二章 賢・愚の概念
第十四章 羯諦の世界 第五十三章 貧・富の概念
第十五章 怖くない死 第五十四章 幸・不幸の概念
第十六章 本当の生=死 第五十五章 天国・地獄の概念
第十七章 自然 vs. 科学 第五十六章 神・悪魔の概念
第十八章 厳粛な自然の法則 第五十七章 健康・病気の概念
第十九章 地球の今の想い 第五十八章 支配・被支配の概念
第二十章 好いことと悪いこと 第五十九章 死を怖れる理由
第二十一章 時間の目盛り 第六十章 先伸ばしの人生
第二十二章 五観 第六十一章 「あの世」を捏造した卑劣な宗教
第二十三章 五感と五観 第六十二章 真の自由=死からの自由
第二十四章 地球への懺悔 第六十三章 死=五感の死
第二十五章 自己への懺悔 第六十四章 真の輪廻転生
第二十六章 時間の無い世界・夢 第六十五章 想い・魂・心の正体
第二十七章 夢と現実の違い 第六十六章 有機生命体の死
第二十八章 熟睡と夢 第六十七章 五感(五観)機能
第二十九章 五感(五観)の死 第六十八章 『今、ここ』と現在
第三十章 死の実相(1) 第六十九章 覚醒と睡眠
第三十一章 死の実相(2) 第七十章 死の経験
第三十二章 死の実相(3) 第七十一章 死中活あり
第三十三章 病気の実相 第七十二章 静中動あり
第三十四章 どうしようもない生き物 第七十三章 死を知る重み
第三十五章 人生とは宇宙旅行 第七十四章 死の概念 V.S. 死の観念
第三十六章 現在と『今』 第七十五章 知性・感性を超えた生き方
第三十七章 神の概念=時間の概念=死の概念 第七十六章 動画面(アニメーション)の世界
第三十八章 目覚めよ!人間! 第七十七章 死への誘い
第三十九章 目覚めの切り口


終わりにあたって

人間にとって死とは人生の結論であります。
つまり、終わりがあるわけです。
原因と結果の法則、つまり、因果律に基づけば、始まりがあるから終わりがある。
まさに、誕生があるから死がある。
至極当然のように思われますが、果たしてそうでしょうか。
では、わたしたち人間は、未だ来ぬ未知の出来事である死に何故振りまわされて生きているのでしょうか。
因果律に基づけば、原因、つまり、誕生した時から、結果、つまり、死が決定しているわけですから、死は未知のことではなくて既知のことでなければ理屈に合いません。
すべては必然であるとする因果律に基づく考え方です。
“だから、我々はいつか必ず死ぬことを知っているのだ!”と反論される方が殆どの現代人であります。
しかし、“我々はいつか必ず死ぬ”というのは理屈に合いません。
“いつか”は未知のことで、“必ず”とは既知のことだからです。
“我々は必ず死ぬ”既知のことなら、死ぬ時期も決まっている筈です。
始まりがあるから、終わりがあるという因果律に基づいています。
“我々はいつか死ぬ”未知のことなら、死は確定事(約束事)ではない筈です。
始まりがないから、終わりがないという因果律に基づいています。
しかし、最初と最後に永遠性がある円回帰運動をしているわたしたちの“運動の光と音の宇宙”では、
始まりがあるから、終わりがない。
若しくは、
始まりがないから、終わりがある。
どちらに軍配が上がるのか、その鍵を見つけることが、知性を得た生き物・人間の課題であり続けてきた理由であり、その結論を出す時期が二十一世紀ではないでしょうか。

平成19年2月4日   新 田  論