Chapter 6 2種類の神を乱用する人類

それぞれの種が変りなく、自転・公転している地球と調和して生きている。
更に、
地球という種も、太陽と調和して一年(一回の公転)=365.25日(365.25回の自転)のリズムで変りなく生きている。
更に、
太陽という種も、アルシオーネと調和して一年(一回の公転)=24、000日(24、000回の自転)のリズムで変りなく生きている。
更に、
アルシオーネという種も、銀河系の中心のブラック・ホールと調和して一年(一回の公転)=100、000日(100、000回の自転)のリズムで変りなく生きている。
更に、
銀河系の中心のブラック・ホールという種も、“運動の光と音と匂いと味と肌触りの相対宇宙”の中心、すなわち、ビッグバン発祥時の極大の密度と極小の体積、いわゆる、元祖ブラック・ホールと調和して一年(一回の公転)=137億日(137億回の自転)のリズムで変りなく生きている。
そして、
“運動の光と音と匂いと味と肌触りの相対宇宙”の中心、すなわち、ビッグバン発祥時の極大の密度と極小の体積、いわゆる、元祖ブラック・ホールという種も、“静止の暗闇と沈黙と無臭と無味と無触覚の絶対宇宙”と調和して一年(一回の公転)=無限日(無限回の自転)のリズムで変りなく生きている。
つまり、
映像として映し出されている。
まさに、
“静止の暗闇と沈黙と無臭と無味と無触覚の絶対宇宙”こそが、実在する映写フィルムに他ならず、
一年=無限日の“運動の光と音と匂いと味と肌触りの相対宇宙”
一年=137億日の銀河系星雲
一年=100、000日のスバル座のアルシオーネ
一年=24000日の太陽
一年=365.25日の太陽系惑星群の地球
そして、
15年の寿命の犬
18年の寿命の猫
25年の寿命のライオン
28年の寿命の虎
50年の寿命の象
100年の寿命の亀
そして、
70年の寿命の人間
はすべて映し出された映像(動映画)に過ぎないのです。
まさに、
映画には上映時間があるように、137億年間上映されてきた映画が現在も継続されているのです。
そして、
宇宙という映画は、上映時間が無限=0(ゼロ)の映写フィルムである“静止の暗闇と沈黙と無臭と無味と無触覚の絶対宇宙”に基づいているのです。
まさに、
この宇宙という系(システム)の中で、
一年=365.25日の太陽系惑星群の地球は、運命的寿命を維持するために、自然の食物連鎖の法則を編みだし、
15年の寿命の犬
18年の寿命の猫
25年の寿命のライオン
28年の寿命の虎
50年の寿命の象
100年の寿命の亀
そして、
70年の寿命の人間
を予め定めたわけです。
まさに、
それぞれの種の運命的寿命とは、それぞれの種の上映時間に他ならないのです。
まさに、
映画の中で登場する役者の登場時間(上映時間)が、脚本(台本)の中で、予め、定められているのです。
ところが、
70年の寿命の人間だけが、脚本(台本)の中で、予め、定められている登場時間(上映時間)を守らず、
生まれた直後に死ぬ赤ん坊の寿命は0年
5才で事故死した幼児の寿命は5年
32才で十字架刑で殺されたイエス・キリストの寿命は32年
33才で暗殺された坂本龍馬の寿命は33年
35才で病死したモーツァルトの寿命は35年
49才で自決した織田信長の寿命は49年
84才で自然死したお釈迦さんの寿命は84年
107才で老衰死した金さんの寿命は107年
といったように、みんな違うのです。
まさに、
人間だけが、2種類の時間を乱用しているのです。
まさに、
人間だけが、2種類の神を乱用しているのです。