第二話 自然のルール(掟)【時刻:2023年1月28日午前1時1分】

お父さんが、わたしに一番大切なことだと教えてくれたのは、掟というものです。
掟という意味が最初わかりませんでした。
「してはいけないこと」とお母さんに、教えてもらって、やっと理解できました。
わたし達人間の子供は、「してはいけないこと」でしか判断が出来ない悲しい動物だとお父さんは言っていました。
他の動物はみんな、好い事、正しい事をやったら褒められる「ものさし」を持っているのに、人間だけは、悪い事、間違った事をやったら叱られる「ものさし」なので、いつも悪い事、誤ったことばかり考えてしまう癖を持っています。
夏子が、いつもお母さんに叱られているのを見ているとそうだと思いました。
夏子は、お母さんに叱られない為に、してはいけない事ばかり考えている。
そして、してしまうのです。
「デビ。どうして?」
夏子が、わたしに訊いてくるのですが、わたしは教えてあげることが出来ません。
それで、お父さんに訊ねました。
「デビ。それはいい質問だ・・・」
お父さんはそう言って、一枚の紙をわたしにくれました。
『鬼の掟十七条』と書いてあります。
「デビ、よくわからない」とお父さんに言いました。
「動物はみんな、この十七の掟、ルールを守って生きているから、いつも安心して生きているんだ。人間は、自分達で勝手に掟、ルールをつくり生きているけれど、鬼の掟の方が上だということを知っているから、安心して生きていけないんだ。だから『してはいけないこと』をいつも自分に言い聞かせておかないと不安で仕方ないんだ・・・」
「ふうん、人間って頭が悪いの?」
お父さんに訊くと、「頭が一番良いようで一番悪い動物かも知れないな・・・」
と言います。
わたしは、まだぼっとした感じですっきりしないのですが、もう少し歳をとったら解ってくるのだろうと自分を慰めています。
そこで、お父さんが一番大切なことだと言っていた、『鬼の掟十七条』を覚えるようにしました。
そして、お父さんがくれた紙を、いつも体から離さず大事に持っていて、暇を見つけては、少し読んでみるのです。
『何だ!こんなこと、あたりまえのことじゃないの!』
わたしは思います。
『何で、こんなあたりまえのことを、わざわざ覚えようとするのだろう?』
それで、お母さんに訊いてみました。
「そうね、冬子ちゃんぐらいの時に、この鬼の掟を教えてもらっていたら、冬子ちゃんのように何も難しいことはないんだけど、みんな大人になってもわかっていない人達が多いので、こうやって教えてあげないと何もわかっていないのよ・・・」
わたしはお母さんの話を聞いて思いました。
『やはり、人間は頭の悪い生き物なんだ!』
わたしは、『鬼の掟十七条』を暗記出来るよう一所懸命です。
みなさんは、『鬼の掟十七条』を知っていますか?
お父さんがデビルと呼ばれたのも、この鬼から来ていることを初めて知ったのです。