第九章 内なる鏡 & 外なる鏡

主観とは、
自分の物差しで計る価値観(考え方)です。
では、
自分の物差しとは一体どんなものでしょうか?
自分の物差しとは、
自分という内なる鏡です。
従って、
主観とは、
自分という内なる鏡に映った自分の考え方です。
一方、
客観とは、
他人の物差しで計る価値観(考え方)です。
では
他人の物差しとは一体どんなものでしょうか?
他人の物差しとは、
他人という外なる鏡です。
従って、
客観とは、
他人という外なる鏡に映った自分の考え方です。
結局の処、
主観性とは、
自己の内なる鏡で観る絶対性のことです。
一方、
客観性とは、
他人という外なる鏡で観る相対性のことです。
内なる鏡と外なる鏡が鍵です。