第五章 利益社会(ゲゼルシャフト)の終焉

金持ちの時代は、まもなく、終わる。
その理由は、
利益追求する社会ではもはやなくなるからです。
その背景には、
金持ちでない状態が貧乏であるという考え方から、
貧乏でない状態が金持ちであるという考え方に、
大半の人間がなったからです。
つまり、
健康でない状態が病気であるという考え方ではなく、
病気でない状態が健康であるという考え方に、
すべての人間がなっているのに、近づいているからです。
まさに、
健康と病気の問題は、
病気が実在するもので、健康は病気の不在概念に過ぎない。
同じように、
金持ちと貧乏の問題も、
貧乏が実在するもので、金持ちは貧乏の不在概念に過ぎない。
という風に考える時代に入ってきたことを示唆しているのです。
まさに、
利益社会(ゲゼルシャフト)の終焉が近づいていることに他なりません。
だから、
金持ちの時代は、まもなく、終わるのです。