第二十一章 意識の狭間(?)

顕在意識と潜在意識という個別意識があって、更に、集合意識としての地球意識があるが、これらは繋がっている。
従って、
意識はそもそも唯一の意識だけがあったが、何かのきっかけで、地球意識と潜在意識と顕在意識にわかれたとも言える。
まさに、
力はそもそも唯一の力だけがあったが、ビッグバンがきっかけで、重力、強い核力、弱い核力、電磁気力にわかれた、と同じ表現に他ならない。
そして、
電気力と磁気力が同じであったことは19世紀にジェームス・マクスウエルによって証明された。
言い換えれば、
電気力と磁気力が先ず統一された。
更に、
弱い核力と電磁気力が、スティーブン・ワインバーグとアブドゥス・サラムによって統一され、統一理論と呼ばれている。
ところが、
力の統一化はここまでである。
まさに、
最小作用の原理は証明されていないのである。
そうすると、
唯一の力からビッグバンによって四つの力にわかれた、というビッグバン理論は、砂上の楼閣と成り下がる。
では、
ビッグバン理論亡きあとは?
まさに、
宇宙など映像(絵空事)に過ぎない証左である。
同じように、
意識はそもそも唯一の意識だけがあったが、何かのきっかけで、地球意識と潜在意識と顕在意識にわかれた、という心理学も砂上の楼閣と成り下がる。
では、
心理学亡きあとは?
まさに、
意識など映像(絵空事)に過ぎない証左である。