第四百九十四話 メス化したオス

地球上の生きものには、オスとメスしかいません。
メスだけの生きものなどいません。
オスだけの生きものなどいません。
しかし、
オスとメスの数は50対50の比率ではありません。
オスとメスの数は51対49の比率に自然になります。
何故なら、
オスはメスよりも長生きできないからです。
これも、自然の食物連鎖の法則に因るものです。
つまり、
自然淘汰の法則に沿った結果です。
つまり、
弱肉強食の法則に沿った結果です。
つまり、
「食う食われる」法則に沿った結果です。
自然社会には、生死の問題などありません。
自然社会には、食う食われる問題しかありません。
従って、
わたしたち人間社会も、生死の問題などなく、実は食う食われる問題だけがあるのです。
従って、
メスがオス化すれば、必ず、オスはメス化するのです。
現代社会は、オス化したメスと、メス化したオスが織り成す社会なのです。