第四百八十七話 正しい二元論=三元論

未熟な知性とは、歪んだ二元論である「好いとこ取りの相対一元論」に外ならない。
つまり、
知性の罪的側面です。
成熟した知性とは、正しい二元論である「二元要因を超えた三元論」に外ならない。
つまり、
知性の功的側面です。
結局の処、
一元論の歪んだ映像が、歪んだ二元論である「好いとこ取りの相対一元論」に外ならない。
一元論の歪んだ映像が、知性の罪的側面である「好いとこ取りの相対一元論」に外ならない。
一元論の正しい映像が、正しい二元論である「二元要因を超えた三元論」に外ならない。
一元論の正しい映像が、知性の功的側面である「二元要因を超えた三元論」に外ならない。
実在するのは、飽くまで一元です。
実在するのは、飽くまで無知一元です。
無知一元が、「二元論の世界」、「映像の世界」では、知性の功罪として表象しているだけのことです。
従って、
知性の功的側面こそが、「二元要因を超えた三元論」に外ならないのです。
逆に言えば、
知性の罪的側面こそが、「好いとこ取りの相対一元論」に外ならないのです。