第四百七十七話 元凶は無いものねだり

わたしたち人間社会が「オス社会」なのは、不在概念(映像)の世界だからです。
わたしたち人間社会が「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会」なのは、不在概念(映像)の世界だからです。
わたしたち人間社会に「宗教と科学」があるのは、不在概念(映像)の世界だからです。
わたしたち人間社会が「悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖」を送る人生に陥ったのは、不在概念(映像)の世界だからです。
わたしたち人間社会が「差別・不条理・戦争」を繰り返すのは、不在概念(映像)の世界だからです。
つまり、
「オス社会」は不在概念(映像)、つまり、妄想の世界なのです。
つまり、
「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会」は、不在概念(映像)、つまり、妄想の世界なのです。
つまり、
「宗教と科学」は不在概念(映像)、つまり、妄想の世界なのです。
つまり、
「悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖」は不在概念(映像)、つまり、妄想の世界なのです。
つまり、
「差別・不条理・戦争」は不在概念(映像)、つまり、妄想の世界なのです。
結局の処、
わたしたち人間は、無いものねだりの妄想の人生を送ってきたのです。
その結果が、
「オス社会」です。
その結果が、
「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会」です。
その結果が、
「宗教と科学」です。
その結果が、
「悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖」の人生です。
その結果が、
「差別・不条理・戦争」です。