第四百七十一話 「考える葦」が諸悪の根源

自然社会の生きものたちは、仕事もしないでただ生きているだけですが、悩みや四苦八苦、挙げ句の果ての、死の恐怖など無縁で生きています。
わたしたち人間は、ただ生きているだけだと何か不安になって仕事をしていますが、悩みや四苦八苦、挙げ句の果ての、死の恐怖に苛まれて生きています。
何故でしょうか。
何もしなければ、悩みも四苦八苦も死の恐怖もない。
何かしていれば、悩みも四苦八苦も死の恐怖もある。
何故でしょうか。
何かするということは、過去・(現在)・未来に想いを馳せていることに外ならないのです。
何もしないということは、『今、ここ』にいることに外ならないのです。
つまり、
悩みや四苦八苦、挙げ句の果ての、死の恐怖の原因は、過去・(現在)・未来に想いを馳せていることに外ならないのです。
つまり、
考えていることに外ならないのです。
逆に言えば、
『今、ここ』にいれば、悩みや四苦八苦、挙げ句の果ての、死の恐怖は消滅します。
つまり、
『今、ここ』にいるということは、何も考えないことに外なりません。
ところが、
わたしたち人間は、考えないと不安でしかたないのです。
わたしたち人間は、過去・(現在)・未来に想いを馳せていないと不安でしかたないのです。
わたしたち人間は、『今、ここ』にいると不安でしかたないのです。
その結果、悩みや四苦八苦、挙げ句の果ての、死の恐怖に陥っている。
これは自己矛盾も甚だしい。
わたしたち人間のこの甚だしい自己矛盾が、悩みや四苦八苦、 挙げ句の果ての、死の恐怖の原因なのです。
『今、ここ』にいれば、悩みや四苦八苦、 挙げ句の果ての、死の恐怖などと一切無縁なのです。
つまり、
過去・(現在)・未来に想いを馳せるから、悩みや四苦八苦、 挙げ句の果ての、死の恐怖が発生するのです。
つまり、
考えるから、悩みや四苦八苦、 挙げ句の果ての、死の恐怖が発生するのです。
従って、
考えなければ、悩みや四苦八苦、 挙げ句の果ての、死の恐怖は発生しません。
従って、
わたしたち人間社会だけが、「オス社会」をつくったのは「考える葦」に原因があったのです。
従って、
わたしたち人間社会だけが、「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会」をつくったのは「考える葦」に原因があったのです。
従って、
わたしたち人間社会だけが、「宗教と科学」をつくったのは「考える葦」に原因があったのです。
従って、
わたしたち人間社会だけが、「悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖」の人生を送る羽目に陥ったのは「考える葦」に原因があったのです。
従って、
わたしたち人間社会だけが、「差別・不条理・戦争」の社会をつくったのは「考える葦」に原因があったのです。