第四百六十八話 使命こそが人間の存在意義

わたしたち人間の男性は、有るものを避けて、無いものを求めるという無いものねだりの幻想(夢)の生き方をする。
わたしたち人間の女性は、有るものを避けて、無いものを求めるという無いものねだりの生き方はしないで、有るものだけを追いかける現実(実在)の生き方をする。
人間のオス、つまり、男性は幻想(夢)の生き方をする。
人間のメス、つまり、女性は現実(実在)の生き方をする。
人間のオスとメス、つまり、男性と女性はまったく別の生きものである所以がここにあります。
では何故、人間のオス、つまり、男性が無いものねだりの生き方をするのでしょうか。
自分自身が実在するものの不在概念に過ぎないからです。
平たく言えば、
メスが子供を産むのに対して、自分(オス)は子供を産めないからです。
つまり、
創造的な仕事(使命)を持っていないからです。
だから、
「オス社会」を構成するわたしたち人間だけが、「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会」をつくったのです。
だから、
「オス社会」を構成するわたしたち人間だけが、「宗教と科学」をつくったのです。
だから、
「オス社会」を構成するわたしたち人間だけが、「悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖」の人生を送る羽目に陥ったのです。
だから、
「オス社会」を構成するわたしたち人間だけが、「差別・不条理・戦争」の社会をつくったのです。
創造的な仕事(使命)を持っている女性には、「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別」など無意味です。
創造的な仕事(使命)を持っている女性には、「宗教と科学」など無意味です。
創造的な仕事(使命)を持っている女性には、「悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖」の人生など無意味です。
創造的な仕事(使命)を持っている女性には、「差別・不条理・戦争」など無意味です。
創造的な仕事(使命)を持つことが、人間の人間たる存在意義なのです。