第四百五十八話 「理解する」=「超える」

二十世紀までの「男性社会」は「文明社会」でした。
二十一世紀からの「女性社会」は「理解社会」です。
「文明社会」から「理解社会」へ。
古代、中世、近代、そして、現代までの「文明社会」は「オス社会」でした。
つまり、
「文明社会」とは、「オス社会」を頂点にして、「宗教と科学」と「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別社会」で底辺を構成するトライアングル構造の差別・不条理・戦争を繰り返す社会だったのです。
「文明」とは「オス」のことに外ならなかったのです。
「文明」とは「宗教」のことに外ならなかったのです。
「文明」とは「科学」のことに外ならなかったのです。
「文明」とは「支配・被支配二層構造の区分け」のことに外ならなかったのです。
「文明」とは「世襲・相続の差別」のことに外ならなかったのです。
「文明」とは「差別」のことに外ならなかったのです。
「文明」とは「不条理」のことに外ならなかったのです。
「文明」とは「戦争」のことに外ならなかったのです。
一方、
「理解社会」とは、「メス社会」を中心にして、「宗教と科学を超えた価値観」と「支配・被支配二層構造と世襲・相続の差別制度を超えた価値観」と「悩みや四苦八苦、挙げ句の果ての、死の恐怖を超えた価値観」と「差別・不条理・戦争のない社会」を四辺にしたスクエアー(正方形)構造の社会です。
「理解」とは「メス」のことに外ならないのです。
「理解」とは「宗教を超える」ことに外ならないのです。
「理解」とは「科学を超える」ことに外ならないのです。
「理解」とは「支配・被支配二層構造の区分けを超える」ことに外ならないのです。
「理解」とは「世襲・相続の差別を超える」ことに外ならないのです。
「理解」とは「差別を超える」ことに外ならないのです。
「理解」とは「不条理を超える」ことに外ならないのです。
「理解」とは「戦争を超える」ことに外ならないのです。
つまり、
「理解する」とは「超える」ことに外ならないのです。