第四百五十六話 「映像の世界」から「実在の世界」へ

二十一世紀のキーワードは:
「男性社会」から「女性社会」へ。
「文明社会」から「理解社会」へ。
「考える社会」から「知る(気づき)社会」へ。
「眠り社会」から「覚醒社会」へ。
「ニセモノ(ロボット)人間」から「ホンモノ(本当)人間」へ。
「過去・現在・未来」から「『今、ここ』」へ。
つまり、
「映像の世界」から「実在の世界」へ移行するわけです。
「男性社会」は所詮「映像の世界」だったのです。
「文明社会」は所詮「映像の世界」だったのです。
「考える社会」は所詮「映像の世界」だったのです。
「眠り社会」は所詮「映像の世界」だったのです。
「ニセモノ(ロボット)人間」は所詮「映像人間」だったのです。
「過去・現在・未来」は所詮「映像の時間」だったのです。
一方、
「女性社会」が「実在の世界」なのです。
「理解社会」が「実在の世界」なのです。
「知る(気づき)社会」が「実在の世界」なのです。
「覚醒社会」が「実在の世界」なのです。
「ホンモノ(本当)人間」が「実在人間」なのです。
「『今、ここ』」が「実在の時間」なのです。