第四百四十三話 覚醒(悟り)=真理とは

わたしたち人間だけが、どうして、不完全(中途半端)な五感機能で生きているのでしょうか。
完全(完璧)に見ることができたら、「覚醒する(悟る)」ことができます。
完全(完璧)に聞くことができたら、「覚醒する(悟る)」ことができます。
完全(完璧)に匂うことができたら、「覚醒する(悟る)」ことができます。
完全(完璧)に味わうことができたら、「覚醒する(悟る)」ことができます。
完全(完璧)に触ることができたら、「覚醒する(悟る)」ことができます。
言い換えれば、
完全(完璧)に見ることができたら、真理が見えます。
完全(完璧)に聞くことができたら、真理が聞こえます。
完全(完璧)に匂うことができたら、真理が匂えます。
完全(完璧)に味わうことができたら、真理が味わえます。
完全(完璧)に触ることができたら、真理が触れます。
つまり、
覚醒(悟り)とは、見ることによって得られます。
真理とは、見ることによって得られます。
つまり、
覚醒(悟り)とは、聞くことによって得られます。
真理とは、聞くことによって得られます。
つまり、
覚醒(悟り)とは、匂うことによって得られます。
真理とは、匂うことによって得られます。
つまり、
覚醒(悟り)とは、味わうことによって得られます。
真理とは、味わうことによって得られます。
つまり、
覚醒(悟り)とは、触ることによって得られます。
真理とは、触ることによって得られます。
わたしたち人間は、覚醒(悟り)、真理の何たるかを、そもそもわかっていないのです。