第四百三十二話 「知る能力」と「考える力」

わたしたち人間だけに具わっているのは、「知る能力」=知性ではなく、「考える力」=判断する力=区分けする力=差別する力だったのです。
だから、
人間社会だけに、差別・不条理・戦争が起こるのです。
言い換えれば、
知性の進化が、「知る能力」の発達であります。
知性の退化が、「考える力」の発生であります。
知ることは進化に外ならなかったが、考えることは退化に過ぎなかったのです。
言い換えれば、
「部分感」は知性の功的側面である所以です。
「部分観」は知性の罪的側面である所以です。
生きているということは、「在り方」ということです。
生きていると思うことは、「考え方」ということです。
「考える力」を持たない自然社会の生きものが、「全体感」で生きているということは、「在り方」だけで生きているということです。
「考える力」を有するわたしたち人間が、「全体感と部分観」で生きているということは、「在り方」と「考え方」で生きているということです。
つまり、
「考える力」が「部分観」を生むわけです。
言い換えれば、
五感による情報を「考える力」で区分けする結果、「部分観」が生じるわけです。
五感が自他の区分け機能を持っているからです。
つまり、
「全体感」という「在り方」に対して、「部分観」という「考え方」が生じたわけです。
その結果、
「考える力」を有するわたしたち人間だけが、「在り方」と「考え方」という二通りの生き方に分裂してしまったわけです。
「知る能力」が発達した結果、生じた「部分感」なら「全体感」に包含されているが、「部分観」なら「全体感」に包含されていないから、分裂症に陥るのです。