第四百二十一話 絶滅はもはや目の前

人類の大群発生が起こってはや500年が経っています。
紀元0年の人口:3億
紀元1500年の人口:4.3億
紀元1600年の人口:6億
紀元1700年の人口:8億
紀元1800年の人口:10億
紀元1900年の人口:16億
紀元2000年の人口:63億
紀元2007年の人口:66億6970万6125人
これが、2008年5月9日、午前4時44分44秒という『今、ここ』における世界の人口で、そうこうするうちに、もう66億7418万4969人になっています。
1分に140人、一日で20万人、1年で8000万人増えています。
1年で6000万人が亡くなり、1億4000万人が産まれています。
貧富の拡大、温暖化など問題が山積です。
石油の枯渇が近づき、表土と森が失われています。
水と食料が、病院と学校が不足しています。
人の生活が、太陽と地球からの恵みを超えそうです。
戦争なんかしている場合ではありません!
独り占めでなく、分かち合って、共に生きなくては、
ヒトも動物も植物も、宇宙の中で唯一の生命なんだよ。

インターネットの「世界の人口」(米国勢調査局、国連統計データから推計)というホームページからの抜粋です。(http://arkot.com/jinkou/
人類という種の大群発生による、暴走と集団自殺が既に始まっている証明に外なりません。
このままでは、
地球から生命体は消滅することになり、他の惑星と同じになる日が近づいているのです。
つまり、
惑星の時代から衛星の時代になる。
つまり、
宇宙の最終進化(円回帰運動の完結)が迫っているのです。