第二百六十三話 あなたは蝶々か?人間か?

明日のある「死」なら怖くない。
明日のない「死」なら怖い。
ところが、
「生」は昨日と明日に繋がっているが、「死」は明日に繋がっていない。
「死」が来たら明日はない。
つまり、
「生」には明日があっても、「死」には明日がない。
これは何を意味しているでしょうか。
自我意識(エゴ)、つまり、ニセモノの自分にとっては、
明日のある「生」こそが「生」に外ならない。
明日のない「生」こそが「死」に外ならない。
つまり、
「死」は「生」の不在概念に外ならない。
本当の自分にとっては、
明日のある「死」こそが「生」に外ならない。
明日のない「死」こそが「死」に外ならない。
つまり、
「生」は「死」の不在概念に外ならない。
「眠りの中の夢」は、目が覚めている中の「いわゆる現実」という「夢」より、よりリアルだと以前お話しました。
「眠りの中の夢」とは、「死」から「生」への生還の前触れに外ならないからです。
目が覚めている中の「いわゆる現実」という「夢」とは、「生」から「死」への死還の前触れに外ならないからです。
結局の処、
「死」が実在で、「生」は「死」の不在概念であり、毎日、「死の世界」=「現実の世界」と「生の世界」=「映像の世界」を往来しているのです。
本当の自分は、「死の世界」=「現実の世界」にいる。
自我意識(エゴ)の自分、つまり、ニセモノの自分は、「生の世界」=「映像の世界」にいる。
「眠りの中の夢」とは、「死」から「生」への生還の前触れ、つまり、本当の自分から自我意識(エゴ)の自分、つまり、ニセモノの自分への生還の前触れに外ならない。
朝目が覚めた瞬間(とき)が、その分岐点です。
だから、目が覚めても「眠りの中の夢」は覚えているのです。
「夢(いわゆる現実)の中の眠り」とは、「生」から「死」への死還の前触れ、つまり、自我意識(エゴ)の自分、つまり、ニセモノの自分から本当の自分への死還の前触れに外ならない。
夜眠りに就く瞬間(とき)が、その分岐点です。
だから、眠りに就いたら、「夢(いわゆる現実)の中の眠り」、つまり、目が覚めている中の「いわゆる現実」のことは覚えていないのです。
死ぬことを「永遠の眠り」に就くと言うのは、「死」から「生」への生還が止まる、つまり、「死の甲乙丙」円回帰循環が止まったことを意味する所以です。
あなたは、蝶々になった夢を観ている人間ですか?
あなたは、人間になった夢を観ている蝶々ですか?