第二百五十三話 “必死”になる

“禅問答”という言葉があります。
禅の師匠が弟子に問題を与える。
弟子は解答を得るために必死になって考えるが、まったく答えを見出せない。
解答を師匠に提出するが、その度、間違っていると突き返される。
それもその筈、そもそも解答などない問題だったのです。
“隻手の声”という白隠禅師の有名な問答があります。
隻手、つまり、片手で音を鳴らせというわけです。
こんなことは到底不可能です、
それを必死に弟子に考えさせる。
それが師匠の狙いだったのです。
必死になる。
必死になるとは、命がけでやるということです。
言い換えれば、
死を受け入れる、つまり、死の恐怖から脱却することに外なりません。
突き詰めれば、
死の恐怖から脱却できれば、生きる上の問題点はすべて解決される。
新田哲学のキーワードの一つになっている“悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖”の所以がここにあります。
必死になる。
宿題を必死になってやる。
そうすれば、“自分は人生の殆ど(99.9999・・・%)を建前で生きていた”ことが分かるのです。
逆に言えば、
“自分は人生の殆ど(99.9999・・・%)を建前で生きていた”ことが分かれば、必死になった証であり、死を受け入れた証であり、“悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖”を超えた証であり、“差別・不条理・戦争”を超えた証であります。
よくよく考えれば、自然社会に生きる他の生きものや人間の子供は、どんなことにも必死になります。
だから、彼らには、“悩みや四苦八苦、挙句の果ての、死の恐怖”も“差別・不条理・戦争”もないのです。