第七十一話 「死の観念」・「死の概念」・「死の理解」

死が怖いのは、死の正体がわからないからです。
死ぬのが怖いのは、死期がわからないからです。
わたしたち人間は好いとこ取りをして生きています。
つまり、動き続けていると錯覚して生きています。
だから死ぬのが怖いのであって、死が怖いのではありません。
運動の世界(宇宙)、映像の世界(宇宙)、『過去・(現在)・未来』に思いを馳せる「考え方」の世界で生きていると錯覚しているから、死ぬのが怖いのです。
他の生き物はただ生きているだけです。
つまり、止まって・動いて・止まって・動いての中の「止まって」で生きています。
だから、死が怖いのであって、死ぬのが怖いのではありません。
実在の世界(宇宙)、静止の世界(宇宙)、『今、ここ』という「在り方」の世界で生きていますから、死が怖いのです。
死を知っているから、死ぬのが怖い。
死を知らないから、死が怖い。
死を完全に知ったら、死も、死ぬのも怖くなくなります。
無知が死の恐怖、つまり、「死の観念」を持つ。
他の生き物の死への姿勢であり、否定的な死です。
つまり、「好くない死」です。
無知から有知へ移行することによって、死ぬ恐怖、つまり、「死の概念」を持つようになる。
知性あるわたしたち人間の死への姿勢であり、やはり、否定的な死です。
やはり、「好くない死」です。
有知から理解へ移行することによって、「死の観念」も「死の概念」も超えた「死の理解」に至ります。
わたしたち人間が目差すべき「超知性」・人間の死への姿勢であり、肯定的な死です。
ここに至って、「好い死」になります。
新田哲学でいくら“死は悪いものではなく、好いものだ”と主張しても、みなさんが納得されないのは、「死の概念」で停滞していて「死の理解」に至っていないからです。
中途半端な知性で停滞しているからです。
死の正体を知る。
これが完全な知性であります。
その登龍門が死期を知る、つまり、死期は自分で決めること、つまり、自分の命は自分で絶つことです。
自殺の真の意味がここにあります。
そうすると、その先に、死の完全な正体が見えてきて、「死の理解」に至ります。