第六十三話 無限宇宙と有限宇宙

「無限」とは一体どんなものでしょうか。
人間は、その反義語として「有限」という言葉をつくった。
第五十二話【錯覚(言葉)の生き物・人間】でお話しましたように、「無限」が先ず実在していたから、その(不在)概念として「有限」という言葉をつくったわけです。
「無限」がはじめにありきです。
神が天地創造者であっても、そんな天地は「有限」のもので、神を創造した者こそが「無限」であります。
アインシュタインが「有限」宇宙しか論じず、「無限」宇宙は神の領域だと言った。
科学が宗教と同じ穴の狢である証言に外なりません。
では「無限」とは一体どんなものでしょうか。
拙著「新しい日本」第十一章【新しい世界(四つの可能性)】に、またまたそのヒントが隠されていますので、引用します。

「「二元論」・「全体と部分の相対性の法則」・「在り方と考え方」のそれぞれの固有項が(絶対)数字1であり、共有項が(相対)数字2である。
つまり、
固有項が、実在宇宙であり、静止宇宙であり、絶対宇宙であり、『静止の暗闇と沈黙の宇宙』である無限宇宙である。
共有項が、映像宇宙であり、運動宇宙であり、相対宇宙であり、『運動の光と音の宇宙』である137億光年の拡がりを持つ有限宇宙である。
つまり、
固有項が絶対性理論に外ならない。
共有項が相対性理論に外ならない。
従って、
「一元論」は絶対性理論に基づき、1nの世界である。
「全体の法則」は絶対性理論に基づき、1nの世界である。
「在り方」は絶対性理論に基づき、1nの世界である。
従って、
「好いとこ取りの相対一元論」は相対性理論に基づき、1(n)の世界であり、(1+1)(n)の世界であり、(1+2)(n)の世界であり、(a + b)の世界であり、(a + b3)の世界であり、(a + b+ c)の世界であり、(a + b+ c)の世界である。
「部分の法則」は相対性理論に基づき、1(n)の世界であり、(1+1)(n)の世界であり、(1+2)(n)の世界であり、(a + b)の世界であり、(a + b3)の世界であり、(a + b+ c)の世界であり、(a + b+ c)の世界である。
「考え方」は相対性理論に基づき、1(n)の世界であり、(1+1)(n)の世界であり、(1+2)(n)の世界であり、(a + b)の世界であり、(a + b3)の世界であり、(a + b+ c)の世界であり、(a + b+ c)の世界である。
従って、
「二元論」は絶対・相対性理論に基づき、(1+1)nの世界であり、(a + b)の世界であり、2abが進化係数である。
「全体と部分の相対性の法則」は絶対・相対性理論に基づき、(1+1)nの世界であり、(b + c)の世界であり、2bcが進化係数である。
「在り方と考え方」は絶対・相対性理論に基づき、(1+1)nの世界であり、(c + a)の世界であり、2caが進化係数である。
更に、
「二元論」・「全体と部分の相対性の法則」・「在り方と考え方」は絶対・相対性理論に基づき、(1+2)nの世界であり、(a + b +c)の世界であり、(a + b +c)の世界であり、(2ab + 2bc +2ca)及び、(3ab + 3ab + 3bc2 + 3b2c +3ca + 3ca + 6abc)が進化係数である。」

「(静止)宇宙論」を受けて、更に難解な表現をしています。
平たく言えば、
「無限」宇宙が実在して、「有限」宇宙はその映像に過ぎないのに、わたしたち人間は、映像に過ぎない「有限」宇宙を実在(現実)宇宙と錯覚しているわけです。
だから、わたしたち人間だけが、「好いとこ取りの相対一元論」、「部分観」、「考え方」という相対(映像)の世界で生きていると錯覚しているのです。
他の生き物たちは、「一元論」、「全体感」、「在り方」という絶対(無限)の世界で生きているのです。