第十三話 究極の知性=死期を知ること

死を超える、死を怖れなくなるには、死ぬ前に死ぬしかありません。
死ぬ前に死ぬとは、死期を知ることです。
わたしたちは死を知っていると言いながら、死ぬ時期を知らないから、死を怖れているのです。
死を本当は知らない証拠です。
死のことを考えているだけです。
死という未来の出来事に想いを馳せているだけのことであり、実は死ぬことなんて知らないのです。
死ぬことを知っているためには、死期も知っていなければならない筈であり、死期を知っていれば、死ぬことを怖れなくなります。
それが、死ぬ前に死ぬことの意味であります。
死期を知って、『今、ここ』を生きるのが、死の概念を持っている、つまり、知性・理性を持つ唯一の生き物・人間の目指すべき生き方であり、三元論的生き方です。
死期を知らず、『今、ここ』を生きるのは、死の概念を持っていない、つまり、知性・理性を持たない他の生き物の生き方であり、一元論的生き方です。
死期を知らず、『過去・現在・未来』に想いを馳せて生きるのが、“生が好くて、死が悪い”と自分勝手な都合で好いとこ取りをしている、中途半端な知性・理性を持つわたしたち人間であり、二元論的生き方です。
人間が他の生き物と違う、知性・理性を持つ決定的価値とは、知識や科学にあるのではなく、死期を知ることにあるのです。