第三十九章 はじめに沈黙ありき

文明社会以来の人類は、求める世界を生きず、求めない世界を生きてきた。
まさに、
自覚症状の無い音痴という二重錯覚症に陥ってしまった文明人に他ならない。
まさに、
矛盾撞着した人生観を持って生きているのが、文明人に他ならない。
そして、
唯一の処方箋は、これまでの常識をすべて洗い直すしかない。
“はじめに言葉ありき”
新約聖書の最初の言葉である。
先ず、
ここから洗い直そう。
“はじめに沈黙ありき”