第三十四章 現代文明人(どぶネズミ)の辿り着く先

現代文明人は、建前一元人間に成り下がってしまった。
まさに、
現代文明人は、好いとこ取りの相対一元論に成り下がってしまった証明である。
平たく言えば、
現代文明人は、金持ちを追いかけ、貧乏を避けるという、いわゆる好いとこ取りの相対一元論に成り下がってしまったのである。
一方、
文明人は、本音・建前二元人間であった。
言い換えれば、
文明人は、善悪相対二元人間であった。
まさに、
現代文明人は、暴走がいよいよ最終段階に突入した状態のどぶネズミに他ならない。