第二十二章 文明とは

悪たれ坊主のことを「不良」と言う。
しかし、
「不良」に対する言葉はない。
「良」だけでは意味不明だ。
では、
「文明」に対する言葉はあるのだろうか?
「不文明」?
聞いたことがない。
「非文明」?
聞いたことはあるが、アフリカやアマゾン流域に暮らす人々のことを指す言葉だが、果たして、「文明」に対する言葉なのだろうか?
まさに、
これらの事例は、はじめに一元論、おわりに三元論ありきの中で、必要悪としての二元論である証に他ならない。
まさに、
「文明」とは、好いとこ取りの相対一元論用語である証に他ならない。