はじめに

過去12000年の人間社会を文明社会と呼んできた。
その間の人類の数、すなわち、人口推移から先ず紹介しよう。
2014年7月21日午前0時00分00秒・・・という『今、ここ』の人口は71億9612万500である。
2000年1月1日時点での人口は63億であった。
1900年初頭での人口は16億であった。
1800年初頭での人口は10億であった。
1700年初頭での人口は8億であった。
1600年初頭での人口は6億であった。
1500年初頭での人口は4億であった。
西暦元年初頭での人口は3億であった。
紀元前1000年初頭での人口は2億であった。
紀元前2000年初頭での人口は1億であった。
紀元前4000年初頭での人口は6800万であった。
紀元前6000年初頭での人口は3400万であった。
紀元前8000年初頭での人口は1600万であった。
紀元前10000年初頭での人口は800万であった。
紀元前12000年初頭での人口は400万であった。
要するに、
人類の数の適性数は、400万から4億程度であった。
ところが、
『今、ここ』での人類の数は、71億9612万500である。
まさに、
大群発生のエピローグに突入している証に他ならない。
大群発生のエピローグの詳細を論じるのが本作品の狙いである。


平成26年7月21日   木 村 順 治


第一章 イナゴの大群
第二章 イナゴの大群の辿り着く先
第三章 大衆化したイナゴ
第四章 大衆化の原因
第五章 愛を失った人類
第六章 愛の正体
第七章 文明の正体
第八章 文明=不完全な知性
第九章 人類の課題
第十章 文明=不完全な知性
第十一章 真の大人の人間=完全知的人間
第十二章 真の大人の人間の人生=円回帰運動の人生
第十三章 子供・大人二元論
第十四章 文明社会=不完全な大人社会
第十五章 完全野性→完全知性
第十六章 文明社会=不完全社会
第十七章 文明社会の正体
第十八章 文明社会=錯覚社会
第十九章 演繹的真理 & 帰納的真理
第二十章 不選択 & 非選択
第二十一章 非選択=超選択
第二十二章 文明とは
第二十三章 文明社会=不完全知的社会
第二十四章 善悪の判断をしない人間
第二十五章 文明=善悪の判断力
第二十六章 文明の功罪
第二十七章 文明人とは?
第二十八章 文明に求めるもの
第二十九章 文明とは逆さま現象
第三十章 悩み多き文明社会
第三十一章 悩み無縁の世界
第三十二章 悩み無縁の世界 V.S.悩みの世界=子供の世界 V.S.大人の世界
第三十三章 文明人 & 現代文明人
第三十四章 現代文明人(どぶネズミ)の辿り着く先
第三十五章 現代文明人(どぶネズミ)の暴走
第三十六章 文明=サバイバルゲーム
第三十七章 カイン(邪悪)が人類の祖である理由
第三十八章 矛盾した生き方をする人類
第三十九章 はじめに沈黙ありき
第四十章 言葉の罠(1)−暗黒の正体
第四十一章 言葉の罠(2)−病気の正体
第四十二章 言葉の罠(3)−不幸の正体
第四十三章 言葉の罠(4)−貧乏の正体
第四十四章 言葉の罠(5)−地獄の正体
第四十五章 言葉の罠(6)−悪魔の正体
第四十六章 言葉の罠(7)−死の正体
第四十七章 反宇宙−科学の正体
第四十八章 反神−宗教の正体
第四十九章 神を護美箱に捨てよう
第五十章 文明の正体


おわりに

「はじめに」を書いた2014年7月21日午前0時00分00秒・・・という『今、ここ』の人口は71億9612万500であった。
「おわりに」を書いている2014年11月7日金曜日午前0時00分00秒・・・という『今、ここ』の人口は72億1740万4000である。
まさに、
大群発生真只中である。


平成26年11月7日午前4時40分 木 村 順 治