第七十四章 覚醒した人生

我々人間が昼間起きているいわゆる現実を現実だと錯覚している原因は、視力の潜在能力を100%発揮できていない結果の産物である、想いのギャップ(分裂症状)にある。
言い換えれば、
我々人間が昼間起きている夢を現実だと錯覚している原因は、視力の潜在能力を100%発揮できていない結果の産物である、想いのギャップ(分裂症状)にある。
つまり、
我々人間に想いのギャップ(分裂症状)があるのは、視力の潜在能力を100%発揮できていないからである。
つまり、
我々人間が寝ても起きても、意識が眠っていて夢ばかり見ている原因は、視力の潜在能力を100%発揮できていないからである。
逆に言えば、
我々人間が覚醒できていない原因は、視力の潜在能力を100%発揮できていないからである。
結局の処、
我々人間は、視力の潜在能力を100発揮できていない結果、想いのギャップ(分裂症状)が生じるのである。
言い換えれば、
我々人間は、視力の潜在能力を100発揮できていない結果、寝ても起きても、意識が眠っていて夢ばかり見ているのである。
更に言い換えれば、
我々人間は、視力の潜在能力を100発揮できていない結果、覚醒した人生を送ることができないのである。