第五十五章 五感の宇宙

止まっている(静止している)ものが実在するのであって、実在するものは見えないのである。
動いている(運動している)ものは実在しないのであって、実在しないものが見える、つまり、映像である。
まさに、
我々人間は、逆さまに観てきたのである。
結局の処、
見える世界が非現実の映像の世界だったのである。
見えない世界が現実の実在の世界だったのである。
更に、
我々人間は、逆さまに聞いてきたのである。
結局の処、
聞こえる世界が非現実の音の世界だったのである。
聞こえない世界が現実の実在の世界だったのである。
更に、
我々人間は、逆さまに匂ってきたのである。
結局の処、
匂える世界が非現実の匂いの世界だったのである。
匂えない世界が現実の実在の世界だったのである。
更に、
我々人間は、逆さまに味わってきたのである。
結局の処、
味わえる世界が非現実の味の世界だったのである。
味わえない世界が現実の実在の世界だったのである。
更に、
我々人間は、逆さまに触ってきたのである。
結局の処、
触れる世界が非現実の感触の世界だったのである。
触れない世界が現実の実在の世界だったのである。
平たく言えば、
見えない宇宙が実在するのである。
聞こえない宇宙が実在するのである。
匂えない宇宙が実在するのである。
味わえない宇宙が実在するのである。
触れない宇宙が実在するのである。
つまり、
五感で感じられない宇宙が実在するのである。