第二十七章 同じもの=違うもの

我々人間は、不変性と一時性は正反対だと思っている。
ところが、
我々人間は、不変性と一時性を同じだと思っていることになる。
なぜならば、
我々人間は、不変性=一時性=永遠性と錯覚していることになるからである。
なぜならば、
我々人間は、事実=真実=真理と錯覚してきたからである。
なぜならば、
事実=絶対性=不変性に他ならないからである。
真実=相対性=一時性に他ならないからである。
真理=超対性=永遠性に他ならないからである。
更に、
我々人間は、一時性と永遠性は正反対だと思っている。
ところが、
我々人間は、一時性と永遠性を同じだと思っていることになる。
なぜならば、
我々人間は、不変性=一時性=永遠性と錯覚していることになるからである。
なぜならば、
我々人間は、事実=真実=真理と錯覚してきたからである。
なぜならば、
事実=絶対性=不変性に他ならないからである。
真実=相対性=一時性に他ならないからである。
真理=超対性=永遠性に他ならないからである。
従って、
不変性と一時性は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
一時性と永遠性は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
不変性と永遠性は、同じようで違っているのであるとも言えるのである。
つまり、
絶対性と相対性は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
相対性と超対性は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
絶対性と超対性は、同じようで違っているのであるとも言えるのである。
つまり、
絶対一元と相対二元は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
相対二元と超対三元は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
絶対一元と超対三元は、同じようで違っているのであるとも言えるのである。
つまり、
事実と真実は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
真実と真理は、違っているようで同じであるとも言えるのである。
事実と真理は、同じようで違っているのであるとも言えるのである。