ヤングアメリカ

―エデンの西―

人間は エデンの園から追放された

そして エデンの東に 住みついた

それが 今の人間の世界であれば

エデンの東は 悪魔の世界だ

それなら 今からでも遅くない

エデンの西に向かっていくことだ

エデンの東と変わらぬ世界かも知れない

それでも エデンの西に向かうべきだ

今ここよりは 悪いところはないから

詩集 「夢の中の旅」 ―エデンの西―より





はじめに

「ルノーの妹」「NOBUNAGA」で始まり、
「心の旅の案内書」「神の自叙伝」でボルテージが上がり、
「果てしない彷徨」「日本語が壊れていく」そして、
「新田論 詩集」第一部(夕焼けの死)第二部(夢の中の旅)
第三部(自然の叫び)で気持ちを自然に盛り上げ、
「ヤマタのオロチ」「あるどぶねずみ一家の物語」「般若」でCynicalになり、そして「鬼神(十部作)」で一気に、新田論の、この人間の世の不条理に対する怒りのエネルギーを爆発させたあと、やっと落ち着いてきました。
この五十数年貯めてきたエネルギーを18ヶ月間で燃焼し尽くしてしまったわけです。
そして、今の新田論は爆発が収まった静かな休火山のような心境であります。
そこから、静かな、何ごとにも拘泥しない気持ちで、書き始めたのが、この「ヤングアメリカ」であります。
平成十三年十月十日   新 田   論


第一章  双子ジョン・ボブ 第二十六章  嫉妬と憎しみから生まれた分身
第二章  父・ジェイコブの死 第二十七章  偽善と自己欺瞞
第三章  ジョン軍曹の凱旋 第二十八章  影で操る存在
第四章  母・エバの自殺 第二十九章  キム消える
第五章  さらばサリナス 第三十章  アルカトラスへ
第六章  若き事業家 第三十一章  イタリア・マフィア対ユダヤ資本家
第七章  カインとアベル 第三十二章  ユダヤ人街
第八章  穀物メジャーとの対決 第三十三章  秘密儀式カシュルート
第九章  マスマーチャンダイズ誕生 第三十四章  追跡
第十章  世界大恐慌 第三十五章  国家の存亡
第十一章  アルの真実の顔 第三十六章  市長自殺
第十二章  アメリカの申し子たち 第三十七章  国家権力の実体
第十三章  12年ぶりの再会 第三十八章  告白
第十四章  グローバリゼーション 第三十九章  過ぎ越しの祭り
第十五章  母・エバの秘密 第四十章  新しい仲間
第十六章  Dr.カミユー 第四十一章  本物のカシュルート
第十七章  ヤングアメリカ 第四十二章  車中の話
第十八章  世界デフレーション 第四十三章  本拠地サリナスへ
第十九章  ナショナル石油解体 第四十四章  ルシファーの正体
第二十章  自由主義国家アメリカ 第四十五章  東部エスタブリッシュメントの生立ち
第二十一章  帰郷 第四十六章  カポネ暗殺される
第二十二章  変死 第四十七章  石油対食料
第二十三章  悪夢 第四十八章  失った十五年
第二十四章  正夢 第四十九章  平和なアメリカ・混沌の世界
第二十五章  黒幕は誰だ! 第五十章(終章) その後のカインとアベル
  「ヤングアメリカ」−終わり−