第四十五章 なぜ私たちは死を知ったのか(死の理解)

“なぜ私たちは死を知ったのか?”
その解答は、
“独りで生まれ、独りで生き、独りで死ぬことを自覚すること”
そして、
““如何に死ぬか”という問題と正対して生きてゆくこと”
そして、
“『今、ここ』を生きているのは自分独りだけであることを自覚すること”
を知るためだったのです。
そして、
死の理解とは?
その解答は、
“独りで生まれ、独りで生き、独りで死ぬことを自覚すること”
そして、
““如何に死ぬか”という問題と正対して生きてゆくこと”
そして、
“『今、ここ』を生きているのは自分独りだけであることを自覚すること”
を理解することだったのです。