第四十四章 新しいイデオロギーの核

世界の人口が233=8、589、934、592、つまり、人口が85億8993万4592人に達するのは、およそ、20年後の2030年頃になる。
まさに、
宇宙開闢の歴史の中での33番目の節目が2030年頃になる。
そして、
新人類による人間社会が登場することになる。
そして、
新人類の信条は、
全体感

独りで生まれ、独りで生き、独りで死ぬことを自覚すること

“如何に死ぬか”という問題と正対して生きてゆくこと

『今、ここ』を生きているのは自分独りだけであることを自覚すること
に他ならない。
まさに、
新しい考え方、つまり、新しいイデオロギーが常識になる世界が、2030年頃には登場することになるわけです。
そして、
新しいイデオロギーの核となるのが、
“独りで生まれ、独りで生き、独りで死ぬことを自覚すること”
そして、
““如何に死ぬか”という問題と正対して生きてゆくこと”
そして、
“『今、ここ』を生きているのは自分独りだけであることを自覚すること”
に他なりません。
まさに、
この作品のテーマである“なぜ私たちは死を知ったのか”の解答こそ、新しいイデオロギーの核となるのです。
まさに、
この作品のテーマである“死の理解”の解答こそ、新しいイデオロギーの核となるのです。