第三十章 死は自分で決めるもの

私たち人間の大人社会、つまり、死を知った生きものの逆さま社会が、正さま社会に変貌するには、“如何に死ぬか”という問題と正対する人間で構成される社会にならなければなりません。
そこで、
“如何に死ぬか”という問題に正対するには、先延ばししない生き方をすることだと前述しましたが、具体的にはどうしたらいいでしょうか?
逆に言えば、
先延ばしせず生きるためには、
“如何に死ぬか”という問題と正対するしかない。
まさに、
“如何に死ぬか”=先延ばしせず生きることに他ならない。
この真理は一体何を示唆しているでしょうか?
まさに、
待ったなしの状態でやって来るのが死なのです。
そして、
待ったなしの状態とは、自分独りしか存在しない『今、ここ』の状態に他ならないわけです。
つまり、
“自分の死は自分で決めるもの”
これが基本です。
現に、
死を知りながら死んでいった人間は、すべて、自分で自分の死を決めて死んでいったのです。
病気が自分の死を決定したのでもなく、
事故が自分の死を決定したのでもなく、
運命が自分の死を決定したのでもなく、
寿命が自分の死を決定したのでもなく、
神さまが自分の死を決定したのでもありません。
自分が自分の死を決定したのです。