第二十四章 死ぬとは先延ばしせず生きること

“如何に死ぬか”という問題と正対して、死の理解をすることこそ、死の恐怖を超える鍵であることがわかってくるのです。
では、
どうしたら、“如何に死ぬか”という問題と正対することができるでしょうか?
そのためには、
“如何に生きるか”と“如何に死ぬか”の本質的な違いを理解しなければなりません。
突き詰めれば、
生と死の本質的な違いを理解しなければなりません。
そこで、
死ねば、昨日(過ぎ去った過去)はあっても、明日(未だ来ぬ未来)がないわけです。
つまり、
どん詰まりの状態を死と言うのです。
一方、
生とは、昨日(過ぎ去った過去)もあって、明日(未だ来ぬ未来)もある状態に他なりません。
従って、
“如何に死ぬか”という問題と正対するには待ったなしの状態でなければならないのです。
つまり、
先延ばしできないわけです。
言い換えれば、
『今、ここ』にいなければならないわけです。
一方、
“如何に生きるか”という問題は、明日まで先延ばしてもいいわけです。
つまり、
明日(未だ来ぬ未来)に想いを馳せてもいいわけです。
言い換えれば、
先延ばししても済むわけです。
まさに、
“如何に死ぬか”という問題と正対するには、先延ばしせず、『今、ここ』を生き切らなければならないのです。
一方、
“如何に生きるか”という問題は、先延ばししても済む、つまり、過去・現在・未来に想いを馳せてもいいわけです。
従って、
先延ばしせず生きるためには、
“如何に死ぬか”という問題と正対するしかないのです。
まさに、
“如何に死ぬか”=先延ばしせず生きることに他ならないのです。